韓国女優玄理のプロフィールは?女優を目指すきっかけや出演ドラマを紹介。

エンタメ

劇団EXILEのメンバーで俳優の町田啓太(32)と韓国女優の玄理(ひょんり、36)が結婚したことが発表されて話題になっています。

最近テレビでよく見る韓国女優の玄理さんとはいったいどんな人物なのか気になりますよね?

そこでここでは玄理さんのプロフィール女優になるきっかけ出演ドラマについて調査していきます。

韓国女優玄理さんのプロフィール

玄理さんのプロフィールを紹介します。

  • 名前:イ・ヒョンリ
  • 生年月日:1986年12月18日
  • 出生地:東京都渋谷区
  • 国籍:韓国
  • 血液型:B型
  • 身長:168㎝
  • 特技:韓国舞踊・日本舞踊・バレエ・乗馬
  • 職業:女優
  • 所属事務所:ヒラタオフィス

となります。

ここで気になるのは出生地が東京都渋谷区なのに、国籍が韓国になっているところですよね?何故なんでしょうか?

実は玄理(ひょんり)という名前からも想像できるように、ご両親が韓国人です。なので国籍は韓国という事になります。

ではなぜ出生地が日本になったのでしょうか?

それは韓国人のお父さんが戦後一人で来日され、その後日本で韓国人のお母さんとの間に生まれたので出生地が日本という事になったんです。

またご両親は日本で堂々と生きてほしいという願いから、日本名はつけなかったそうです。

お金持ちのお嬢様として育てられる

玄理さんのお父さんは現在パチンコチェーン店の社長をされています。

お母さんは建設会社の社長をされています。

また母方の祖父が病院の院長をされていて、玄理さんは幼少期からお金持ちのお嬢様として育てられていたようです。

趣味が乗馬というのはまさにお金持ちという感じがしますね。

住んでいた家も日本の有名な建築家である安藤忠雄さんが設計した豪邸に住んでいました。

この豪邸はテレビでも取り上げられるほどでした。

ちなみにお母さんが韓国で仕事をしていた時、家を借りるのが面倒だったため、ホテルの最上階すべてを3年間も借りていたそうです。

アメリカのクリントン大統領が訪韓した時に、お母さんが借りていたホテルの部屋に宿泊したいと言われたそうで、部屋を貸してあげたそうです。

アメリカの大統領が泊まる部屋という事は、よっぽどいい部屋だったのでしょう。

ホテルの最上階の部屋すべてを3年間も借りれるほどお金持ちだったという事です。

女優を目指すきっかけ

玄理さんが女優を目指すきっかけは何だったのでしょうか?

玄理さんは青山学院大学法学部に在学中、韓国の延世大学に留学され映像技術を学んでいます。

そこでセリフを渡されやってみると、泣くシーンですんなり泣くことができたそうなんです。

この時全く演技をやったことがなかった玄理さんは、

『出来たことで調子に乗って楽しいと感じたんですかね』

と語っていることから、留学中に縁起を学んだことが女優を目指すきっかけになったようです。

玄理さんの出演ドラマ

玄理さんは2009年から本格的に日本での芸能活動を開始されています。

そしてこれまで数々のドラマに出演されてきました。代表的な出演ドラマを紹介します。

  • フリーター、家を買う。・・・島田彰子役
  • RUN60・・・キム・テミ役
  • 大河ドラマ八重の桜・・・西郷優布役
  • 相棒season14・・・箱崎咲良役
  • 遺産相続弁護士柿崎真一・・・霧島清美役
  • 大河ファンタジー精霊の守り人・・・イヌア役
  • きみはペット・・・嶋中瞳役
  • 連続テレビ小説まんぷく・・・望月綾役
  • スパイの妻・・・草壁弘子役
  • アトムの童・・・相良晶役

などがあります。

ドラマのほかにも映画・ラジオ・舞台・CMなど幅広く活躍されていて、今後もテレビで見る機会が増えていく女優さんではないでしょうか。

まとめ

この記事では

  • 韓国女優玄理さんのプロフィール
  • 女優を目指すきっかけ
  • 玄理さんの出演ドラマ

を調査しました!

玄理さんの今後の活躍も期待して待ちましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました