【ご当地パン】中国・四国地方のご当地パンおススメ15選を紹介!

グルメ

各都道府県にはその土地ならではのご当地パンがありますよね?

ここではそんなご当地パンを紹介していきます!

今回は中国・四国地方9県のおススメご当地パンを紹介していきます!

中国地方編

中国地方の山口・島根・広島・鳥取・岡山県のご当地パンを紹介していきます!

山口県のご当地パン

牛乳パン

山口県のご当地パンといえば、1934年創業の松月堂製パンが作っている牛乳パンが有名です。

牛乳パンはもともと「子供たちに美味しくて栄養のあるパンを食べてもらいたい」という思いから1960年に作られました。

山口県産の牛乳を使用したふんわり柔らかくソフトで、優しい甘みが特徴のねじりパンで、販売開始から50年以上も親しまれているご当地パンです。

萩夏みかんメロン

萩夏みかんメロンも松月堂製パンが作っているパンで、2017年のご当地パン祭りで山口県代表として紹介されました。

山口県産小麦の『せときらら』を100%使用したパン生地に、山口県産の夏みかん入りクッキーを乗せて焼き上げたパンです。

島根県のご当地パン

バラパン

島根県のご当地パンといえば島根県出雲市のなぽうパンが作っているバラパンが有名です。

昭和24年頃の当時のパン職人が「バラの花のような美しいパンを作りたい」という思いがきっかけで作られたパンです。

ふんわりとしたパンに昔懐かしいあっさりとしたまろやかな甘さが特徴のクリームを絞って、一つ一つ手作業で巻きあげて作っています。

昔から変わらない味や形を守るため、機械ではなく手作りにこだわっているそうです!

ちなみに現在はコーヒー・抹茶・あんこ・マーマレードの5種類のバリエーションのバラパンを販売しています。

広島県のご当地パン

メロンパン

広島県のご当地パンといえば広島県呉市にある有限会社メロンパンが作っているメロンパンです。

このメロンパンはよく見かける普通のメロンパンとは違い、ラグビーボール型になっています。

パンはもっちりしていて程よい甘さがあり、表面のメロン生地はふんわりしていて柔らかいのが特徴。

中には白あんのようなメロンカスタードがたっぷり詰められていて、ずっしりと重量感があり食べ応えのあるパンです。

平和パン

こちらもメロンパンさんが作ってるパンで、中にはいちごジャムとカステラが入っています。

なぜ平和パンなのかというと、原爆の被害を受けた長崎県の名物カステラを、同じく原爆の被害を受けた広島県のパンで包んでいて、平和を祈るという思いが込められているからなんです。

鳥取県のご当地パン

ブドーパン

鳥取県のご当地パンといえば、境港市にある創業1897年の老舗パン屋伯雲軒さんが作るブドーパンです。

パン生地はふっくらしていますが嚙みごたえがあり、素朴でシンプルな味わいです。

中には干しぶどうと自家製ラム酒入りバタークリームが入っていて、ほんのりシナモンも香る甘くて大人風なデザートパンです。

ただブドーパンのは60年以上も前に作られ愛され続けてきたパンでしたが、残念ながら伯雲軒さんが2022年3月25日に閉業されたそうで、現在は終売となっています。

マイフライ

マイフライは鳥取県鳥取市で創業1903年の老舗亀井堂さんが作っているパンです。

マイフライは食パンにあんこをはさんで揚げた揚げパンです。

あんこをはさむ食パンは、酵素働きで生地をじっくり熟成させたこだわりの食パンを使っています。

揚げパンと聞くとこってりしているイメージがありますが、パンが油を吸わないように工夫されていて、ペロッと食べられるパンになっています。

岡山県のご当地パン

バナナクリームロール

岡山県のご当地パンといえば岡山木村屋さんが作るバナナクリームロールが有名です。

ふっくらと焼き上げたロールパンに、程よい甘さの口どけの良い自家製バナナクリームがサンドされています。

およそ半世紀に渡って愛され続けているロングヒット商品です。

秘密のケンミンshowでも紹介されました!

たくあんサラダロール

たくあんサラダロールも岡山木村屋さんで作られているパンです。

マヨネーズで和えた刻みたくあんをぱんでサンドしています。

カリコリとした食感が癖になるパンです。

四国地方編

四国地方の愛媛・高知・香川・徳島県のご当地パンを紹介します。

愛媛県のご当地パン

塩パン

愛媛県のご当地パンといえば全国でも有名な塩パンです。

愛媛県八幡浜市にあるパンメゾンさんが塩パンの発祥のお店です。

生地に有塩バターを巻き込んで焼き上げる事で中のバターが溶け出し、パンの底がカリッと揚げ焼のように焼けることで、生地のモッチリとした食感とカリッとした食感がたまらない一品です。

何度もテレビや雑誌でもたびたび取り上げられています。

ミカンパン

ミカンパンは愛媛県今治市のご当地パンです。パン工房つきはらさんが作っています。

生地にみかんを練り込んで食パン型で焼いたパンになります。

みかんの風味が全体に広がり甘みがあるので、何もつけずにそのまま食べることができます。

トースターで焼いてバターを塗って食べるとより美味しく食べることができます。

高知県のご当地パン

ぼうしパン

高知県のご当地パンといえば、麦わら帽子の形をしたぼうしパンが有名です。

ぼうしパンが誕生したのは昭和30年頃で、とあるパン工場で職人さんがメロンパンにビスケット生地をつけ忘れていたためあとからつけて焼いたところ、ぼうしのような形になったことがぼうしパンの始まりでした。

羊羹パン

高知県宿毛市にある菱田ベーカリーさんが作っている羊羹パン

中には自家製のこしあんが入っていて、パンの上を羊羹を薄くコーティングしてあるパンです。

パンはしっとりしていて中のこしあんも甘すぎずあっさりしているため、いくらでも食べることができます!

香川県のご当地パン

豆パン

香川県のご当地パンといえば金時豆を使った豆パンです。

香川県の白十字製菓さんが作っているたっぷり豆パンは、甘く柔らかく煮込んである国産の金時豆がたくさん入っています。

ふわふわとした生地には香川大学で研究開発された希少糖シロップが使われていて、ほんのりとした甘さが特徴です。

ちなみにうどん県でもある香川県では、うどんのトッピングに金時豆の天ぷらをのせて食べる習慣があります。

徳島県のご当地パン

クリームパン

クリームパンといえばどのパン屋さんでも売られている定番商品ですが、Fujimura Bakeryさんが作るクリームパンは「飲めるクリームパン」として有名です。

このクリームパンの特徴は、中からあふれ出してくるほどなめらかに炊かれた自家製のクリームがたっぷり入っています。

クリームがたっぷり入っているためむつごそうに思われますが、甘さは控えめで口溶けが良いのでいくらでも食べることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました